東芝「サザエさん、ラグビーも聖域ではない」

営業益は28年ぶり過去最高の見通しだが…

それにしても、改めて痛感させられたのは、東芝メモリ売却後の東芝の前途の多難さだ。

何しろ、全社利益の9割以上をメモリ事業が占める。今期の通期予想4300億円には600億円の構造改革費用が含まれているとはいえ、新生・東芝を支えていく社会インフラ事業(発電機器や公共インフラ、昇降機など)の収益力は、いかにも心もとない。

東芝再生の道のりは平坦ではない(記者撮影)

東芝メモリについて、東芝は売却後も当面40.2%の議決権を保有し、持分法で利益を取り込む予定。しかし、東芝メモリは早期の株式公開を目指しており、徐々に遠心力が働くことは間違いない。

さらに、東芝に残された最大のリスクとされる天然ガスの液化役務契約「フリーポート」について、平田専務は「今の目線なら年間100億円の損失は覚悟している。20年間の累計で2000億円になる」と語った。

パソコンとテレビの事業性を見極め

残された事業の収益力をいかに上げていくか。今後、東芝は構造改革費用の600億円を活用し、インフラ事業を中心に不採算の海外現地法人の整理を進める。依然として赤字が続くパソコン事業とテレビ事業についても、事業性の見極めを行っていく方針だ。

長寿テレビ番組「サザエさん」のスポンサーや、ラグビーなどスポーツを含めた企業活動全般についても、平田専務は「経費に見合うキャッシュインがあるのか、すべてを洗っている最中。いろんな可能性が出てくる」と言及した。

東芝の再生のためには、まだ時間がかかりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。