パソコンは日本語をどう変えたか 日本語処理の技術史 YOMIURI PC編集部著

パソコンは日本語をどう変えたか 日本語処理の技術史 YOMIURI PC編集部著

日本語は難しい。一つの言語を表記するのに、ひらがな、カタカナ、漢字と3種類もの文字を必要とする言語など他にはない。アメリカ生まれのコンピュータが日本に登場した頃はカタカナでの処理がやっとで、「コンピュータで漢字を扱えるようにするか、日本人が漢字を捨てるか」と危惧する声もあったという。

本書は日本のコンピュータ黎明期に、最大の難関だった「日本語処理技術」に挑んだ開発者たちの奮戦記。パソコンのおかげで漢字力は低下したのか、携帯電話の絵文字は表現にどんな影響を及ぼしたのかなど日本語能力の問題も検証しながら、技術者たちの努力と苦心、情熱をたどり、日本語からみたパソコン技術の進化をつづっている。

ブルーバックス 945円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT