パソコンは日本語をどう変えたか 日本語処理の技術史 YOMIURI PC編集部著

パソコンは日本語をどう変えたか 日本語処理の技術史 YOMIURI PC編集部著

日本語は難しい。一つの言語を表記するのに、ひらがな、カタカナ、漢字と3種類もの文字を必要とする言語など他にはない。アメリカ生まれのコンピュータが日本に登場した頃はカタカナでの処理がやっとで、「コンピュータで漢字を扱えるようにするか、日本人が漢字を捨てるか」と危惧する声もあったという。

本書は日本のコンピュータ黎明期に、最大の難関だった「日本語処理技術」に挑んだ開発者たちの奮戦記。パソコンのおかげで漢字力は低下したのか、携帯電話の絵文字は表現にどんな影響を及ぼしたのかなど日本語能力の問題も検証しながら、技術者たちの努力と苦心、情熱をたどり、日本語からみたパソコン技術の進化をつづっている。

ブルーバックス 945円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。