パソコンは日本語をどう変えたか 日本語処理の技術史 YOMIURI PC編集部著

パソコンは日本語をどう変えたか 日本語処理の技術史 YOMIURI PC編集部著

日本語は難しい。一つの言語を表記するのに、ひらがな、カタカナ、漢字と3種類もの文字を必要とする言語など他にはない。アメリカ生まれのコンピュータが日本に登場した頃はカタカナでの処理がやっとで、「コンピュータで漢字を扱えるようにするか、日本人が漢字を捨てるか」と危惧する声もあったという。

本書は日本のコンピュータ黎明期に、最大の難関だった「日本語処理技術」に挑んだ開発者たちの奮戦記。パソコンのおかげで漢字力は低下したのか、携帯電話の絵文字は表現にどんな影響を及ぼしたのかなど日本語能力の問題も検証しながら、技術者たちの努力と苦心、情熱をたどり、日本語からみたパソコン技術の進化をつづっている。

ブルーバックス 945円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT