すべての経済はバブルに通じる 小幡績著

すべての経済はバブルに通じる 小幡績著

サブプライムローン問題はねずみ講のスキームになぞらえうる。ジャンクと呼んでもいいようなサブプライム関連の金融商品に、欧米の投資銀行やヘッジファンドが群がったのはなぜか。それは、住宅価格の上昇に伴い借り手がローンの借り換えを行うことで、その信用力に依存する必要がなく、ノーリスクで収益を得ることができたからだ。そこには住宅価格の上昇が必須だった。ねずみ講は新しい会員が入ってこなくなると破綻するように、住宅の買い手がいなくなれば、サブプライムが破綻するのは必然だった。

こうした金融資本主義の危うさを経済学者であり個人投資家でもある著者が解析し、バブルの常識、エコノミストの非常識を突く。

光文社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。