すべての経済はバブルに通じる 小幡績著

すべての経済はバブルに通じる 小幡績著

サブプライムローン問題はねずみ講のスキームになぞらえうる。ジャンクと呼んでもいいようなサブプライム関連の金融商品に、欧米の投資銀行やヘッジファンドが群がったのはなぜか。それは、住宅価格の上昇に伴い借り手がローンの借り換えを行うことで、その信用力に依存する必要がなく、ノーリスクで収益を得ることができたからだ。そこには住宅価格の上昇が必須だった。ねずみ講は新しい会員が入ってこなくなると破綻するように、住宅の買い手がいなくなれば、サブプライムが破綻するのは必然だった。

こうした金融資本主義の危うさを経済学者であり個人投資家でもある著者が解析し、バブルの常識、エコノミストの非常識を突く。

光文社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。