ポピーと桜 小菅信子著

ポピーと桜 小菅信子著

デビッド・リーン監督の『戦場にかける橋』は演出、俳優、音楽、みな忘れがたい。もっとも現実のイギリス軍捕虜は、泰緬(たいめん)鉄道建設で日本軍から虐待を受け、深い傷が残った。そしてその出来事は日英にとって深いシコリとなって残った。

日英和解という重い課題をめぐる悪戦苦闘の記録がまとめられた。元捕虜たちの対日憎悪は容易なことでは解消しない。日本への偏見と誤解。そして文化の違い。筆者は学者としてでなく、一人の日本人女性として老兵たちと積極的に交流し、体当たりで行動を続ける。やがて元捕虜の多くが胸襟を開く。

元捕虜たちの体験は厳しくつらいものだが、両者の交流は読む者をとらえて離さない。読者は物語の中に放り込まれるようにして読み進むのではないか。石橋湛山賞受賞作『戦後和解』(中公新書)の背後にはこれだけの人々の歴史があったのだ。併せて読めば感激や理解も一層増すだろう。(純)

岩波書店 2625円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT