キャリアをつくる9つの習慣 これが価値を生み出す最新の働き方だ 高橋俊介 著 ~予期せぬ出来事を利用したキャリア形成を説く

キャリアをつくる9つの習慣 これが価値を生み出す最新の働き方だ 高橋俊介 著 ~予期せぬ出来事を利用したキャリア形成を説く

評者 YSコンサルティング代表 黒田康史

 キャリアを自分でつくっていかなければならない時代となった今、巷ではキャリア関連本があふれている。その点、本書は150ページにも満たないが、見事にキャリアの本質をついており、キャリア形成の王道を行くうえで多くのヒントを得られる好著といえよう。

本書は、キャリアに勝ち負けはなく、現代の変化の激しい時代におけるキャリア形成では、最初に目標を定め、そこから逆算して一歩一歩計画的に積み上げていくことは不可能で、むしろ人生に起こるたくさんの予期せぬ出来事をうまく利用しながら、それを自分にとって好ましいものに変えていくことが重要としており、その点が他書にはない大きな特徴だ。

そして著者は、膨大な調査結果をもとに、満足度の高いキャリアをつくっている人には共通の「9つの仕事の習慣」があり、これらを根気よく習慣化することにより、誰でも好ましいキャリアをつくれると主張する。

「9つの習慣」はどれも教訓的だが、中でも印象的なのは、「勝負能力」だ。これは、大きく分けると三つの動機に基づいており、動機の特徴と組み合わせによってキャリア形成のパターンも変わってくるというのは興味深い。また、「相手の価値観を理解する」ことは、日本でも遅ればせながら注目されつつある「ダイバーシティ」にもつながり、重要なポイントだ。

著者は、この「9つの習慣」に加え、これからのキャリアの条件として、ワークライフバランスではなく、「ワークライフ統合」を主張しているが、この言葉も本質を見事にとらえた名言といえよう。

社会に出たばかりの若い人たちはもちろん、キャリア形成途上あるいは終盤にさしかかった人たちにもぜひ読んでもらいたい一冊だ。

たかはし・しゅんすけ
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。1954年生まれ。東京大学工学部卒業。プリンストン大学大学院工学修士課程を修了。国鉄、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ザ・ワイアット・カンパニー(現ワトソンワイアット)などを経る。

プレジデント社 1000円 136ページ

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT