凡人として生きるということ 押井守著

凡人として生きるということ  押井守著

世の中は、一握りの天才と、大多数の凡人からできている。だから、まずは自分が凡人であることを自覚し、自分に何ができるのか、自分なりの価値観を見つけることが大事だ。そこに、いわゆる「オタク」の可能性を見出す。彼らを「特定の分野に著しい情熱を持ち続けている人」と定義すれば、情熱を持ち続け、自分だけの価値観、自分だけの美学を磨き、どこまでも極めていくという生き方が、やがては大きな潮流になりうる。それはいまや、アニメや漫画が、一大産業になっていることが証明している。勝負は諦めたときに負けが決まる。

アニメーション界の鬼才の著者が、人生をしたたかにしなやかに生き抜くための哲学を若者たちに説く。

幻冬舎新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT