正しく知る地球温暖化 赤祖父俊一著

正しく知る地球温暖化  赤祖父俊一著

「不都合な真実」は本当に疑う余地のない「真実」なのか。著者(北極圏研究の世界的権威)は、温暖化の原因の大半は地球の自然変動であって、人類がこの60年間、急速に増やしてきた炭酸ガスのせいではない、と断言している。

温暖化の原因を特定するについては、IPCCのように気温と炭酸ガス濃度の短期的変化をコンピュータ処理して結論付けてはいけない。長期的に見れば地球は過去200年にわたる小氷河期からの回復過程にある(つまり温暖化)ことが明らかだ。本書の基本的立場はこのようなもので、豊富なデータ、事実、論理が縦横に展開される。

読みやすくかつ説得力十分であるが、科学的反論はほとんど皆無だという。炭酸ガス主犯説を主張する学者、メディアは正面から論争する義務と責任があるのではないか。リサイクルや排出権取引などの環境政策の根本にかかわる問題なのに、これでは国益が損なわれないか心配になる。(純) 

誠文堂新光社 1470円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。