日産だけじゃない!スバルでも無資格検査か

複数の関係筋が明かす

 10月27日、国内メディアは、SUBARU の国内工場でも、社内で認定する資格を持たない従業員が完成検査に携わっていたことがわかったと報じた。写真は同社のロゴ。群馬県太田市で5月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 27日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>の群馬製作所(群馬県太田市)で資格のない従業員が新車出荷前の完成検査に従事していたことが分かった。複数の関係筋が明らかにした。

日産自動車<7201.T>での無資格者による検査発覚を受けて実施した社内調査で判明した。スバルは近く同省に報告する見通し。

関係筋によると、資格を取得するため研修中の従業員に、有資格者がはんこを渡して押させていた。こうした状況は30年以上前から常態化していた可能性があるという。

国交省は、日産の不正を踏まえて自動車メーカー各社に10月末までに完成検査の状況を調査し、不正がないか報告を求めている。日産、スバル以外のトヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>など6社は27日までに同省へ「問題はない」との報告を済ませている。スバル広報は、まだ同省への報告が済んでいないとしてコメントを控えた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。