日産だけじゃない!スバルでも無資格検査か

複数の関係筋が明かす

 10月27日、国内メディアは、SUBARU の国内工場でも、社内で認定する資格を持たない従業員が完成検査に携わっていたことがわかったと報じた。写真は同社のロゴ。群馬県太田市で5月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 27日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>の群馬製作所(群馬県太田市)で資格のない従業員が新車出荷前の完成検査に従事していたことが分かった。複数の関係筋が明らかにした。

日産自動車<7201.T>での無資格者による検査発覚を受けて実施した社内調査で判明した。スバルは近く同省に報告する見通し。

関係筋によると、資格を取得するため研修中の従業員に、有資格者がはんこを渡して押させていた。こうした状況は30年以上前から常態化していた可能性があるという。

国交省は、日産の不正を踏まえて自動車メーカー各社に10月末までに完成検査の状況を調査し、不正がないか報告を求めている。日産、スバル以外のトヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>など6社は27日までに同省へ「問題はない」との報告を済ませている。スバル広報は、まだ同省への報告が済んでいないとしてコメントを控えた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT