「外交努力は最初の爆弾が落ちるまで続ける」

ティラーソン国務長官が北朝鮮政策を明言

 10月15日、ティラーソン米国務長官(写真)は北朝鮮との緊張緩和に向け外交努力を続けるようトランプ大統領から指示があったと明らかにし、「外交努力は最初の爆弾が落ちるまで続ける」と述べた。国務省で13日撮影(2017年 ロイター/Mike Theiler)

[ワシントン 15日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は15日、北朝鮮との緊張緩和に向け外交努力を続けるようトランプ大統領から指示があったと明らかにし、「外交努力は最初の爆弾が落ちるまで続ける」と述べた。

大統領は外交努力の継続を求めた

トランプ大統領はこれまでにツイッター上で、ティラーソン氏が「ロケットマン」と交渉しようとしているのは時間の無駄だとの考えを示唆する投稿をしているが、ティラーソン長官はCNNの番組で、大統領は「私に対し、外交努力の継続を求める考えを明確にした」と語った。

ティラーソン長官が北朝鮮への働き掛けを求めて中国と協議する中、米上院外交委員会のコーカー委員長はトランプ大統領のツイッターへの投稿について、ティラーソン長官と矛盾する言動を行い、外交交渉に障害をもたらしていると批判。

ティラーソン長官はトランプ大統領と中国の習近平国家主席との関係は極めて緊密で、中国が米国の立場を理解していると強調。「中国は米国の北朝鮮政策について全く困惑していない」と述べた。

 

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT