米軍ヘリ、沖縄の北部訓練場付近で機体炎上

民間の牧草地に着陸、負傷者の報告なし

 10月11日、防衛省によると、米海兵隊のCH53ヘリコプターが沖縄県東村の米軍北部訓練場近くで着陸後、炎上した。写真は同型機。2014年7月撮影(2017年 ロイター/Hugh Gentry)

[東京 11日 ロイター] - 防衛省によると、米海兵隊のCH53ヘリコプターが11日夕、沖縄県東村の米軍北部訓練場近くで着陸後、炎上した。乗員を含め負傷者の報告はないが、防衛省が確認を急いでいる。

防衛省によると、ヘリが炎上した場所は、北部訓練場区域外の民間の牧草地。着陸後に機体から出火した。

防衛省は現地を確認するため、航空機と職員を派遣。沖縄防衛局長が在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官に対し、再発防止と原因究明、情報提供を要請した。

小野寺五典防衛相は防衛省で記者団に「米軍の海兵隊による事故が相次いでいる。安全な運航に対応するよう、米側に強く申し入れていきたい」と語った。

米軍の輸送ヘリCH53は2004年、米軍普天間基地(宜野湾市)近くの沖縄国際大学に墜落し、炎上している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。