失速「希望の党」は、最終的に何を目指すのか

首班指名の候補については口をつぐんだまま

あっと言わせるサプライズはあるのか(写真:ロイター/Issei Kato)

「いよいよ日本に希望を、そして日本の政治に希望を。そのために出馬いただくみなさんと心あわせをし、戦いぬくんだという共通の目標をみなさんとシェアしていきたい」

10月9日に開かれた希望の党の総決起大会で、同党の代表を務める小池百合子東京都知事はこう挨拶した。

盛り上がりに欠けた総決起大会

本来なら華々しく行われるはずの総決起大会だが、会場の雰囲気は盛り上がりに欠けていた。それもそのはずで、希望の党の勢いがいまいち振るわない。読売新聞社が10月7日と8日に行った全国世論調査によると、希望の党に「期待しない」が58%で、「期待する」の36%を大きく上回った。また比例区の投票先として自民党が32%に対し、希望の党は13%に過ぎなかった。

なお、朝日新聞社が10月3日と4日に行った世論調査では、比例区の投票先は自民党が35%に対して希望の党は12%。読売新聞社と同じ傾向を示している。

原因は何か。それは希望の党がわかりにくい点だろう。「安倍1強を打破する」と言いつつも、自民党には秋波を送っているようなそぶりを見せる。いったい希望の党は何を求めているのか。あるいはどういう立ち位置を目指すのか、国民にはいまいち理解できない。

次ページ「右でも左でもないフェアウェイを目指す」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
空調機器で断トツ狙う<br>ダイキンの世界制覇戦略

空調世界トップのダイキン工業がインドで躍進。2010年に空調で世界一になり、業績も右肩上がり。日本の電機メーカーが海外で勝てなくなって久しい。なぜダイキンは勝てるのか?