トランプは米国を世界大戦に導きかねない

有力共和党議員が戦争のリスクについて警告

 10月8日、ボブ・コーカー米上院議員(共和党)はニューヨーク・タイムズとのインタビューで、トランプ大統領は米国を「第3次世界大戦への道」に導くという危険を冒していると警告した。米議会で先月26日撮影(2017年 ロイター/Aaron P. Bernstein)

[ワシントン 8日 ロイター] - ボブ・コーカー米上院議員(共和党)は8日、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)とのインタビューで、トランプ大統領は米国を「第3次世界大戦への道」に導くという危険を冒していると警告した。

上院外交委員長も務めるコーカー氏は昨年の大統領選でトランプ氏のアドバイザー(国家安全保障担当)を務めていたほか、副大統領と国務長官の候補となっていたが、両氏の関係は大幅に悪化。トランプ大統領はツイッターで、イラン核合意を巡りコーカー氏を非難していた。

コーカー氏はインタビューで、トランプ大統領について「『アプレンティス』か何かをやっているようだ」と懸念を表明。アプレンティスはトランプ氏が司会を務めていたリアリティー番組だ。

コーカー氏はその上で「彼は私を懸念させている。彼はわれわれの国を気にかける人を懸念させるに違いない」と述べた。同氏は先月、引退を表明した。

関連記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。