「ジブリの呪い」炸裂でも、底固い米ドル

ディーラー歴20年の達人が読む為替

(撮影:梅谷 秀司)

先週、6日金曜の夜は、またもや「ジブリの呪い」が炸裂してしまった。

「ジブリの呪い」というのは、米ウォールストリートジャーナル(WSJ)でも報道されたが、金曜ロードショーでジブリ作品のアニメが放映されるときは、株式や為替市場が荒れるという「都市伝説」だ。この日はたまたま米雇用統計の発表と重なるために、変動がおこるのだろうが、WSJが報道したことで、ジブリ作品と市場の動きが注目されたが、もちろんこれは話のネタ以上の意味はない。

ジブリの呪い炸裂でも、ドルの下値固く

9月は日銀金融政策決定会合、ECB理事会、オリンピック開催地決定あたりまで終了したが、このあとも、日米でのメジャーSQなど、重要イベントが目白押しだ。もちろん「真打ち」は17、18日のFOMC(米連邦公開市場委員会)。ここで、QE3(量的緩和第3弾)の縮小が始まるのかが、市場に大きな影響を与えそうだ。

さて、注目の8月の米雇用統計は、非農業部門雇用者の増加数が16.9万人と、予想の18万人を下回った。それだけではなく、7月分が16.2万人から10.4万人に、6月分が18.8万人から17.2万人に下方修正されたことが、数字の悪さを際立たせた。また失業率は7.4%から7.3%に低下したものの、これは労働参加率の減少が要因で、いわば悪い失業率の低下となった。

この数字を受けて、ドル円は一時1ドル98円台半ばまで下落したが、終値は99円台前半、ニューヨークダウも一時100ドル超の下落になったが、6日の終値は14ドル98セント安で取引を終えた。そこに飛び込んできたニュースが、「2020年のオリンピック開催地、東京に決定」というニュースだ。米雇用統計、シリア問題など海外要因が日本株の重石になろうが、東京決定でこの悪材料を相殺して株高、円安の流れに変わるかもしれない。

次ページドル円の今後の展開は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT