「ジブリの呪い」炸裂でも、底固い米ドル

ディーラー歴20年の達人が読む為替

(撮影:梅谷 秀司)

先週、6日金曜の夜は、またもや「ジブリの呪い」が炸裂してしまった。

「ジブリの呪い」というのは、米ウォールストリートジャーナル(WSJ)でも報道されたが、金曜ロードショーでジブリ作品のアニメが放映されるときは、株式や為替市場が荒れるという「都市伝説」だ。この日はたまたま米雇用統計の発表と重なるために、変動がおこるのだろうが、WSJが報道したことで、ジブリ作品と市場の動きが注目されたが、もちろんこれは話のネタ以上の意味はない。

ジブリの呪い炸裂でも、ドルの下値固く

9月は日銀金融政策決定会合、ECB理事会、オリンピック開催地決定あたりまで終了したが、このあとも、日米でのメジャーSQなど、重要イベントが目白押しだ。もちろん「真打ち」は17、18日のFOMC(米連邦公開市場委員会)。ここで、QE3(量的緩和第3弾)の縮小が始まるのかが、市場に大きな影響を与えそうだ。

さて、注目の8月の米雇用統計は、非農業部門雇用者の増加数が16.9万人と、予想の18万人を下回った。それだけではなく、7月分が16.2万人から10.4万人に、6月分が18.8万人から17.2万人に下方修正されたことが、数字の悪さを際立たせた。また失業率は7.4%から7.3%に低下したものの、これは労働参加率の減少が要因で、いわば悪い失業率の低下となった。

この数字を受けて、ドル円は一時1ドル98円台半ばまで下落したが、終値は99円台前半、ニューヨークダウも一時100ドル超の下落になったが、6日の終値は14ドル98セント安で取引を終えた。そこに飛び込んできたニュースが、「2020年のオリンピック開催地、東京に決定」というニュースだ。米雇用統計、シリア問題など海外要因が日本株の重石になろうが、東京決定でこの悪材料を相殺して株高、円安の流れに変わるかもしれない。

次ページドル円の今後の展開は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT