「ジブリの呪い」炸裂でも、底固い米ドル ディーラー歴20年の達人が読む為替

拡大
縮小

東京オリンピックの経済効果は約3兆円という試算もあるが、2020年に向かって東京がインフラを整備して、一段と国際都市にふさわしい姿に変身していくというストーリーは、かなり期待できるのではないだろうか。もちろん、東京オリンピック自体の、為替に対しての影響はといえばニュートラルなのだが、株価と為替の連動性は高いので、株高は円安材料になるだろう。

ドル円は、5月22日に高値の103円70銭を示現した後に、6月16日に93円80銭の安値をつけた後は、三角保ち合いとなり、レンジ相場が続いていた。だが、9月2日に保ち合いの上限である99円付近を上方ブレークし、100円20銭付近まで上昇した。保ち合いの水準を上方にブレークしたことで、ドル円は、それまで95円~99円のレンジ相場だったが、これでドルの上昇トレンドに回帰したのではとの期待感があった。

だが、6日には、東京オリンピック決定が危ぶまれ、日経平均が200円以上下落すると、ドル円もあっさり99円台中盤に下落。その後、米雇用統計の弱い数字で、一時98円台中盤まで下落してしまった。

98円台に下値支持、101円50銭突破ならドル一段高も

もし東京オリンピックが決まらなければ、期待が大きかった分、株安になりドル円も再び95~99円のレンジに戻った可能性が高い。現在ドル円の保ち合いのドルの下限は98円50銭付近に位置しており、雇用統計後の下落でも、その付近がサポートされた。98円~98円50銭付近がサポートされれば、ドルは上昇トレンドを継続するものと思われる。

一方、日経平均株価をみると、5月23日の高値1万5739円98銭を示現した後の6月13日の安値1万2415円85銭の三角保ち合いの上限は1万4150円付近になっており、先週はこのレベルを超えられなかった。

それでもFRBの資産買い入れ縮小は遠からず開始されるために、日米金利差の拡大は今後も継続、これがドル高円安要因となって、中長期的にドル円をサポートするだろう。

東京オリンピック開催が決定したことで、9日は日本株が大幅に上昇、1万4205円で取引を終えた。日経平均が5月からの保ち合いの上限である1万4150円を完全に上抜けして、上昇トレンドが加速するようなら、ドル円、あるいはクロス円の上昇も加速するだろう。当面のドルの下限は前出の98円~98円50銭程度か。一方、上値の最初の「目標」は7月8日の戻り高値101円50銭付近。そこを上抜けできれば、再び5月22日の高値103円50銭付近を試しに行く展開になるのではないと思う。

田代 岳 国際金融コンサルタント、元為替ディーラー

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

たしろ がく / Gaku Tashiro

たしろ がく 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行で、20年以上にわたり、為替ディーラーとして活躍。現在は投資情報配信を主業務とする株式会 社ADVANCE代表取締役。ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨をはじめとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深 い。また、海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。ブログ「YEN蔵のFX投資術」、メルマガ「YEN蔵の市場便り」で個人投資家に対して為替 に関する情報を発信しており、人気を博している。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT