米国株は、今後一段と上昇する

マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏に聞く(上)

NYダウは8月に入って、過去最高値を更新。その後も高値圏で推移している。アベノミクスで日本株ばかりが注目されているが、米国経済が今後も堅調なら、米国株に投資する場合、値上がり益に加え、為替(ドル高円安)もあわせ「ダブル」で妙味が増す。今後の米国株はどうなるのか。マネックス証券チーフ・ストラテジストの広木隆氏に話を聞いた。

米国株の上昇は、相当長く続く

――NYダウは8月2日、1万5658ドル(終値)と史上最高値を更新しました。今後の株価をどう見ていますか?

短期的には多少の変動があっても、米国の株高は、これからまだまだ続くと見ています。たとえば昨年末からの日本株のような、急激な上昇はないと思いますが、今後も、ジリジリと株価が上昇していくと見ています。現在の堅調な株高は、相当長く続くのではないでしょうか。私は正直なところ、終わりが見えないとさえ思っているくらいです。

――そこまで米国株に対して、強気の見方ができる根拠は何ですか?

それは、米国の景気が本格的に良くなるのは、これからだと見ているからです。米国経済は2008年のリーマンショックによって、いったんは完全にどん底に陥りました。

しかしその後、FRB(米連邦準備制度理事会)はQE1(量的緩和第1弾)からQE3(同第3弾)まで、3度にわたる異次元の金融緩和を実施しました。

短期金利をゼロパーセントにするだけでは間に合わないと判断するや、マネタリーベースを大幅に拡大させる量的緩和を実施したのです。こうした措置に対しては批判もありましたが、現状を見れば雇用は徐々に回復し、住宅投資も戻ってきています。経済の足腰はかなりしっかりしてきた、と見るべきでしょう。

出口戦略をとれるほど、米国経済は復活した

――しかし、すでに当局は「出口戦略」(通常の金融政策へと舵を切る)の時期を探っています。長期金利もジリジリと上昇しています。もし、FRBが出口戦略を明確に指向したら、金利が上昇するなどで、マーケットが混乱する恐れは?

それは大丈夫です。理由は、「なぜFRBは、これだけ異例な金融緩和政策を取り続けてきたのか」ということの裏返しだからです。つまり、QE1からQE3までの金融緩和局面では、米国経済が失速し、デフレ経済に陥る恐れがあったからです。それが、ここに来て量的緩和のペースを少し緩めると言っている。それだけ経済の足腰がしっかりしてきたと、FRBが判断している何よりの証拠です。

次ページ今後、米国景気は一段と回復へ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT