米国株は、今後一段と上昇する

マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏に聞く(上)

ここまでの株価上昇は、QE1からQE3を背景にした金融相場でした。ただ、ここからは違います。本格的な業績相場へとシフトしていくのではないでしょうか。製造業だけでなく非製造業の業績も好調に推移しており、実に幅広いセクターで好業績が実現しています。それだけ、民間の活力が高まっているという証拠です。

米国株は割高ではない

もっとも、すべてが好調というわけではありません。トムソン・ロイターが公表した4~6月期におけるセクター別の業績動向のレポートによると、素材セクターとエネルギーセクターは不調でした。言うまでもなく、これらのセクターは、新興国が相手のビジネスだからです。さすがに中国経済の成長率が7%台にまで落ち込む中で、好調を維持するのは難しいということなのでしょう。

――米国の株価が高すぎるということはありませんか?

それも心配無用です。米国の株式市場は200年の歴史を持っていますが、現在の株価水準が過去最高値にあるのは事実です。実際、どの銘柄を買うよりも、NYダウに投資しているのが最も儲かったと言われるように、NYダウは大きく上昇してきました。

それは上がるべくして上がったと言っても良いでしょう。過去100年で見ると、米国株式の平均PERは約14倍です。そして現在の米国株式の平均PERもほぼ14倍前後なのです。要するに、過去100年間の平均値と比べても、現在の株価は決して割高ではないということです。

では、なぜ株価が過去最高値を更新し続けているのに、PERが100年間の平均値で推移しているのかというと、米国企業がきちっと利益を上げ続けているからです。これから米国の経済が復活していくなかで、多くの米国企業がその恩恵に浴し、業績が好調になれば、さらに株価の上値も期待できるでしょう。

(下に続く。下は21日に掲載の予定です)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT