米国株は、今後一段と上昇する

マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏に聞く(上)

もっと言えば、FRBは量的金融緩和を完全に止めると言っているわけではありません。量的緩和のペースを緩めると言っているのです。FRBの金融政策が劇的に変化するというわけではないので、マーケットに対してそれほどネガティブな影響は及ばないと見ています。

――米国景気は、これからさらに良くなるということですか。

そうです。今、FRBが最も注目しているのは雇用環境です。非農業部門の雇用者数の増減を見ると、7月の数字は前月比で16.2万人の増加ということで、前月の19.5万人から見ればややペースダウンという感は否めませんでした。しかし、それでも4月以降、10万人台後半で推移しています。なので、7月の落ち込みについては、それほど悲観的に見る必要はないと思います。

また住宅市場も、バブル崩壊の痛手からようやく立ち直ってきました。住宅市場が回復すると、非常に大きな経済効果が期待できます。住宅が売れるだけでなく、家具をはじめとする家財道具も売れるからです。つまり個人消費が改善していきます。

雇用環境が改善し、個人消費が回復して住宅投資が活発に行われるようになり、それがさらなる個人消費につながる。経済が正常化へと向かっていけば、米国経済は着実に良くなります。まさに今は、「米国経済が良くなることの始まり」と考えて良いでしょう。

――株価のさらなる上昇も期待できるということですか。

その通りです。米国の株価はこれからジリジリと堅調な上昇トレンドが続くと思います。NYダウは2009年3月に、リーマンショック後の最安値を付けました。この時が6547ドルです。その後、何度か調整する場面はありましたが、長い目で見れば今日に至るまで、ほぼ右肩上がりの上昇が続き、8月2日に過去最高値をつけたというわけです。

次ページ米国株は割高ではない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT