元SMAP3人が打ち破る芸能界の「慣習と忖度」

3連休にAbemaTVで異例の72時間生放送

ちなみにAbemaTVは、サイバーエージェント(出資比率60%)とテレビ朝日(同40%)の共同事業。それだけに、「9月30日まで『SmaSTATION!!』で香取さんと共演していた同局の大下容子アナも出演するのでは」という期待もふくらみます。もしかしたら同番組が放送されていた11月4日(土)23時5分から類似企画を放送するのではないか……と。

「ホンネテレビ」放送スタートの11月2日(木)21時は、祝日前夜。3日は祝日で、4~5日は土日の3連休だけに、72時間ずっとネット上は大騒ぎになるでしょう。

AbemaTVの視聴数が過去最多を記録するほか、ツイッターのランキングも番組と3人に関するものが独占。そのときテレビの視聴率は……比較されることは避けられません。さらに言えば、11月3日(祝)21時には「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)とのバッティングがあり、3人がどんな反応をするのか、注目必至です。

いずれにしても、心がクリアになった3人による新たなエンタメコンテンツが見られるのは間違いありません。つらい時期を乗り越えた分、爆発力は大きいでしょうし、今から1カ月後の放送が楽しみです。

「新しい地図」で活動資金を得た

最後に、経済的な観点の話を1つ。「新しい地図」の会員数が、開始からわずか3日間で約10万人を突破したと聞きました。入会金1000円+年会費4500円ですから、単純計算で3人は5億5000万円もの売り上げ=活動資金を得たことになります。

まだ何も活動していないのに5億5000万円もの投資を得るのは異例中の異例。特に芸能界は、「赤字からスタートして、徐々にファンからの投資を積み上げていく」という形がセオリーだけに、「彼らの功績と期待値がいかに大きいか」ということが浮き彫りになりました。

ところで、3人はこの活動資金をどう使っていくのでしょうか。

キーワードになるのは、「新しい地図」のメッセージにあった「武器はアイデアと愛嬌」というフレーズ。スケールの大きい彼らのことですから、先行投資をしたコアなファンにはもちろん、一般層のライトなファンにも、イベント、歌、ドラマなどで還元してくれるでしょう。

その経済効果は、どれくらいのものになるのか。日本の芸能史上初めてのことであり、海外での展開も読めないだけに、まったく予想がつきません。「視聴者の質問に応える」というのが番組のコンセプトなので、とりあえず「ホンネテレビ」の放送中に、「今回のギャラはいくらですか?」という質問をぶつけてみようと思っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。