スーチー氏悩ますロヒンギャ問題の政治的闇

軍に立ち向かわなければ解決はありえない

ロヒンギャ問題に解決策はあるのか(写真:Danish Siddiqui/ロイター)

ミャンマーが危機に陥っている。仏教徒が圧倒的多数を占める同国では、軍がイスラム系少数民族・ロヒンギャを弾圧、多数が難民と化している。深刻化するロヒンギャ問題によって、ミャンマーの民主化プロセスは阻害され、事実上の指導者、アウンサンスーチー氏の名声は回復不能なまでに失墜しようとしている。

ミャンマー政府は何十年にもわたって、ロヒンギャの存在を認めてこなかった。ロヒンギャは同国人口の2%を占めるが、市民権を拒まれ、住民としての基本的権利すら与えられてこなかった。こうした全面的差別が民族浄化へとエスカレートしたのは8月のことだ。ロヒンギャ武装勢力が軍の駐留施設を攻撃したのをきっかけに、掃討作戦が開始されたのである。

あのスーチー氏はどこへ行ってしまったのか

この人道的危機を阻止するどころか、悪化させたのがスーチー政権だ。確かに、弾圧を指揮する軍はスーチー氏の支配下にない。だがスーチー政権は、国連機関が緊急物資を届けるのを妨害。国連人口基金、国連難民高等弁務官事務所、ユニセフによる被害地域での活動は停止に追いやられた。

民主化のために戦い、ノーベル平和賞という国際的な名声を得た、あのスーチー氏はどこへ行ってしまったのか。同氏が率いる国民民主連盟(NLD)が2015年の総選挙で勝利したことにより、旧ビルマにおける50年もの軍事独裁に終止符が打たれ、新しい時代が訪れるものと思われた。

しかし、ロヒンギャ迫害が続く中、ミャンマー民主化への信頼は急速に失われつつある。議会議席の25%を押さえる軍はスーチー氏の大統領就任を阻止し、既得権集団とも共謀しながら、同氏の職務権限に制約を加えている。

軍は今、民族的・宗教的マイノリティーのロヒンギャを迫害し、殺害までしているが、これらはすべて政治的な理由からだ。

次ページ板挟みになっているのはわかるが…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。