36.9% この先、生活は「悪くなっていく」と思う人の割合(08年6月)

国民の生活実感が急速に悪化している様子は、内閣府が1965年以降ほぼ毎年実施している「国民生活に関する世論調査」の結果からもうかがえる。

今年6月の調査によると、1年前と比べて生活が「低下している」と感じている人の割合は前回2007年7月調査時から9.6ポイント上昇して34.1%となった。これは第1次石油ショック後の1974年(34.6%)に次ぐ高い数値である。生活の満足度でも、所得・収入、資産・貯蓄、耐久消費財、レジャー・余暇生活の各面で「(やや)不満」とする人の割合がバブル崩壊後の最高を記録した。

また、生活がこれから先「悪くなっていく」と悲観的にみる人の割合は、02年以降横ばいで推移していたが、今回は前回07年調査時より7.8ポイント高い36.9%と過去最高に。他方、「同じようなもの」「良くなっていく」の割合は2年続けて低下した。

「悲観的」な人の割合を「世間一般からみた生活の程度(5区分)」の別にみると、「上」「中の上」の2割弱に対し、全体の過半(54.7%)を占める「中の中」で3割、「中の下」「下」では55.8%に達した。直近のボトムだった06年10月調査時と比べ、「中の上」「中の中」で10ポイント前後、「中の下」では16ポイントと急上昇しており、生活の程度が低いと考えている人だけでなく、ボリュームゾーンをなす中流層の人々も、先行きへの厳しさを実感している。

(『東洋経済 統計月報』編集部)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT