36.9% この先、生活は「悪くなっていく」と思う人の割合(08年6月)

国民の生活実感が急速に悪化している様子は、内閣府が1965年以降ほぼ毎年実施している「国民生活に関する世論調査」の結果からもうかがえる。

今年6月の調査によると、1年前と比べて生活が「低下している」と感じている人の割合は前回2007年7月調査時から9.6ポイント上昇して34.1%となった。これは第1次石油ショック後の1974年(34.6%)に次ぐ高い数値である。生活の満足度でも、所得・収入、資産・貯蓄、耐久消費財、レジャー・余暇生活の各面で「(やや)不満」とする人の割合がバブル崩壊後の最高を記録した。

また、生活がこれから先「悪くなっていく」と悲観的にみる人の割合は、02年以降横ばいで推移していたが、今回は前回07年調査時より7.8ポイント高い36.9%と過去最高に。他方、「同じようなもの」「良くなっていく」の割合は2年続けて低下した。

「悲観的」な人の割合を「世間一般からみた生活の程度(5区分)」の別にみると、「上」「中の上」の2割弱に対し、全体の過半(54.7%)を占める「中の中」で3割、「中の下」「下」では55.8%に達した。直近のボトムだった06年10月調査時と比べ、「中の上」「中の中」で10ポイント前後、「中の下」では16ポイントと急上昇しており、生活の程度が低いと考えている人だけでなく、ボリュームゾーンをなす中流層の人々も、先行きへの厳しさを実感している。

(『東洋経済 統計月報』編集部)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT