バーナンキ議長は、9月にQE3縮小をしない 米国の雇用改善は見かけだけ、FRBは実態を知っている

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
印刷
A
A

低水準の労働参加率は、失業率の計算の分母になる労働力人口を減らすため、実態では雇用情勢が改善していないのに、見かけ上の失業率だけが低下してしまいます。

以上の2つの理由については、バーナンキ議長も承知しているはずで、FOMC後の議長の記者会見の中でも一部に、そのエッセンスを読み取ることができる表現が散りばめられています。

バーナンキ議長の本心は、雇用の実態が数字ほどには良くないという事実を踏まえ、「2013年中に緩和を縮小するのは見送りたい」というものではないでしょうか。

とはいっても、他のFRB理事や地区連銀総裁から「早急に緩和を縮小すべき」という発言が相次ぐようになってきており、バーナンキ議長も外堀を埋められつつあるような情勢です。

その意味では、ひょっとしたら、今年の12月にQE3縮小が決定してしまう可能性が少しはあるかもしれません。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT