ネットいじめ ウェブ社会と終わりなき「キャラ戦争」 荻上チキ著

ネットいじめ ウェブ社会と終わりなき「キャラ戦争」 荻上チキ著

「学校裏サイト」と一くくりにされる学校勝手サイト。しかしネット世代の若手論客として知られる著者の検証では、大半が子供たちの日常に溶け込んだコミュニケーションツールとして雑談に終始する牧歌的なものだという。

そもそも「ネットいじめ」は「ネット」が原因ではなく、その根底にはリアルな人間関係が横たわる。偏った事例のみを取り上げて「ネットはいじめの温床」と決めつけるだけでは問題解決はおろか実態すら把握できないと喝破。

ネットに対する「有害論」や「規制論」は不慣れな大人を安心させるためだけの無意味なもので、今、問われるべきはこうした大人たちのケータイやネットに対する成熟度であると厳しく指摘する。

PHP新書 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。