わかっちゃいるけど、痩せられない メタボの行動経済学 古川雅一著

わかっちゃいるけど、痩せられない メタボの行動経済学 古川雅一著

メタボに陥る行動パターンはどういうものか。

食べ放題で「元をとろう」と食べ過ぎてしまうのは、すでに支払ってしまった料金を回収できると錯覚して、非合理な行動をとる「サンクコスト効果」の好例。買い物の金額が大きくなるにつれて損得への敏感さが失われる「感応度逓減性」により、体重が58キロから61キロに増えて大きなショックを受けた人が、さらに64キロになってもさほどショックを受けない。

二人に一人がダイエットに成功(つまり失敗)でも、提示のされ方で判断を惑わされる「フレーミング効果」など。

心理学の成果を経済学に取り込み、人間の非合理的行動を分析する行動経済学のキーワードを通して京大経済研の研究員がメタボ対策を考える。

NHK出版生活人新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT