わかっちゃいるけど、痩せられない メタボの行動経済学 古川雅一著

わかっちゃいるけど、痩せられない メタボの行動経済学 古川雅一著

メタボに陥る行動パターンはどういうものか。

食べ放題で「元をとろう」と食べ過ぎてしまうのは、すでに支払ってしまった料金を回収できると錯覚して、非合理な行動をとる「サンクコスト効果」の好例。買い物の金額が大きくなるにつれて損得への敏感さが失われる「感応度逓減性」により、体重が58キロから61キロに増えて大きなショックを受けた人が、さらに64キロになってもさほどショックを受けない。

二人に一人がダイエットに成功(つまり失敗)でも、提示のされ方で判断を惑わされる「フレーミング効果」など。

心理学の成果を経済学に取り込み、人間の非合理的行動を分析する行動経済学のキーワードを通して京大経済研の研究員がメタボ対策を考える。

NHK出版生活人新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT