レディー・ガガさん、身体の痛みで集中治療へ

欧州ツアーを延期

 9月18日、米歌手レディー・ガガ(31)は、身体の激痛の治療を行うため、欧州ツアーを2018年に延期すると発表した。欧州ツアーは21日のバルセロナから開始され、6週間続く予定だった。写真は8日撮影(2017年 ロイター/Mark Blinch)

[ロサンゼルス 18日 ロイター] - 米歌手レディー・ガガ(31)は18日、身体の激痛の治療を行うため、欧州ツアーを2018年に延期すると発表した。欧州ツアーは9月21日のバルセロナから開始され、6週間続く予定だった。

ツアーのプロモーター、ライブ・ネーションは声明で、今後7週間、医師団とともに集中的に治療にあたると明らかにした。

「線維筋痛症」に伴う痛みに苛まれるガガは、先週もブラジルのリオデジャネイロで開催された音楽祭への出演を取り止め、病院で点滴を受ける写真を自身のSNSに投稿していた。

ガガは自身のアカウントで18日、「私は身体および精神的な健康状態について常に正直に明らかにしてきました」「もっと強くなって準備ができたと感じたら、より詳しく話します。この病気に対する認識を高めるだけでなく、私と同様に苦しんでいる人々のための研究を広げることができれば」などとコメントした。

「線維筋痛症」は筋骨格に痛みが生じ、しばしば疲労感や心的問題を伴う。身体外傷や精神的ストレスが原因になることがある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。