国内航空券予約サイト「CM合戦過熱」の舞台裏

なぜ売上高の過半を広告費に投じるのか

「エアトリップ」のエボラブルアジアは莫大な費用をかけて、オリエンタルラジオを使った広告宣伝を展開する(記者撮影)

オンライン旅行会社のテレビCM投入合戦が相次いでいる。

国内航空券予約サイトやアプリ「Aitrip」(エアトリップ)を展開するエボラブルアジアは、イメージキャラクターにお笑い芸人のオリエンタルラジオを登用。8月28日から福岡など一部地域でテレビCMを開始した。

9月11日に都内で開いた会見で、同社の吉村英毅社長は「今は誰も知らないが、国内線といえばエアトリップと言われるような存在になりたい」と意気込みを語った。

広告に30億~50億円を想定

エアトリップは往復で別々の航空会社を選べたり、マイレージに加えて、最大で7%というポイント還元率を武器にしている。今後はWebやテレビCMといった広告を大量に投下し、知名度向上へ攻勢をかける。その金額は「来2018年9月期に30億~50億円を想定している」(同)。

エボラブルアジアは2007年創業、2015年に株式公開したベンチャー企業だ。国内航空券の予約に強みを持ち、自社サイトでの販売や、他社サイトへのシステム供給、そしてベトナムでITのオフショア開発を手がけている。

最近は提携や投資事業も活発化させており、ホテル予約の分野では民泊最大手のAirbnbと提携したほか、メルマガのまぐまぐやキャンピングカー予約のエルモンテRVジャパンを買収するなどさまざまな手を打つ。

次ページ「エアトリップ」を大々的にアピール
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。