国内航空券予約サイト「CM合戦過熱」の舞台裏

なぜ売上高の過半を広告費に投じるのか

「エアトリップ」のエボラブルアジアは莫大な費用をかけて、オリエンタルラジオを使った広告宣伝を展開する(記者撮影)

オンライン旅行会社のテレビCM投入合戦が相次いでいる。

国内航空券予約サイトやアプリ「Aitrip」(エアトリップ)を展開するエボラブルアジアは、イメージキャラクターにお笑い芸人のオリエンタルラジオを登用。8月28日から福岡など一部地域でテレビCMを開始した。

9月11日に都内で開いた会見で、同社の吉村英毅社長は「今は誰も知らないが、国内線といえばエアトリップと言われるような存在になりたい」と意気込みを語った。

広告に30億~50億円を想定

エアトリップは往復で別々の航空会社を選べたり、マイレージに加えて、最大で7%というポイント還元率を武器にしている。今後はWebやテレビCMといった広告を大量に投下し、知名度向上へ攻勢をかける。その金額は「来2018年9月期に30億~50億円を想定している」(同)。

エボラブルアジアは2007年創業、2015年に株式公開したベンチャー企業だ。国内航空券の予約に強みを持ち、自社サイトでの販売や、他社サイトへのシステム供給、そしてベトナムでITのオフショア開発を手がけている。

最近は提携や投資事業も活発化させており、ホテル予約の分野では民泊最大手のAirbnbと提携したほか、メルマガのまぐまぐやキャンピングカー予約のエルモンテRVジャパンを買収するなどさまざまな手を打つ。

次ページ「エアトリップ」を大々的にアピール
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?