ネット予約急伸、「飲食店争奪戦」が始まった

ホテルと比べてなぜ遅れていたのか?

ネット予約はユーザーだけでなく、導入する店舗のメリットも大きい

飲食業界にとって、2016年は「ネット予約元年」となりそうだ。

スマートフォンの普及で身近になったネット予約。対応が遅れていた飲食店業界でも導入が広がり、にわかに火が点き始めている。予約サービスを提供する各社は、サービス強化と店舗の開拓を急ぐ。

競争をリードしているのは、リクルートライフスタイルの「HOT PEPPER(ホットペッパー)グルメ」。ネット予約の送客数でライバルに差をつけ、2015年度は前期比1.5倍の約3700万人と急成長している。

ネット予約が主流になっていく

ホットペッパーの飛躍の要因は、ネット予約に特化したサービス設計にある。スマホで店舗ページを開くと、目に付く場所に空席状況が表示され、すぐに予約できる。これに対して電話番号は、ページのスクロールを進めた先に、やや目立たない形での掲載となっている。

ネットビジネス本部の南裕樹プロデューサーはネット予約について「24時間店番をしてくれるようなもの。来店客を増やしたり、業務の負荷軽減につながることを説明し、導入店舗を広げていく。ネット予約が主流になるのは時間の問題。先んじて対応を進める」と力を込める。

対抗馬と目されるのが、共に飲食店紹介サイトの老舗サービスである「ぐるなび」と、カカクコムが運営する「食べログ」だ。ぐるなびの2015年度の予約実績は、前期比約100万件増の270万件と急増した。食べログも2015年の実績は前年比3倍近い96万件と、予約数を伸ばしている。

次ページなぜ飲食店のネット予約は難しいのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT