ネット予約急伸、「飲食店争奪戦」が始まった

ホテルと比べてなぜ遅れていたのか?

ネット予約はユーザーだけでなく、導入する店舗のメリットも大きい

飲食業界にとって、2016年は「ネット予約元年」となりそうだ。

スマートフォンの普及で身近になったネット予約。対応が遅れていた飲食店業界でも導入が広がり、にわかに火が点き始めている。予約サービスを提供する各社は、サービス強化と店舗の開拓を急ぐ。

競争をリードしているのは、リクルートライフスタイルの「HOT PEPPER(ホットペッパー)グルメ」。ネット予約の送客数でライバルに差をつけ、2015年度は前期比1.5倍の約3700万人と急成長している。

ネット予約が主流になっていく

ホットペッパーの飛躍の要因は、ネット予約に特化したサービス設計にある。スマホで店舗ページを開くと、目に付く場所に空席状況が表示され、すぐに予約できる。これに対して電話番号は、ページのスクロールを進めた先に、やや目立たない形での掲載となっている。

ネットビジネス本部の南裕樹プロデューサーはネット予約について「24時間店番をしてくれるようなもの。来店客を増やしたり、業務の負荷軽減につながることを説明し、導入店舗を広げていく。ネット予約が主流になるのは時間の問題。先んじて対応を進める」と力を込める。

対抗馬と目されるのが、共に飲食店紹介サイトの老舗サービスである「ぐるなび」と、カカクコムが運営する「食べログ」だ。ぐるなびの2015年度の予約実績は、前期比約100万件増の270万件と急増した。食べログも2015年の実績は前年比3倍近い96万件と、予約数を伸ばしている。

次ページなぜ飲食店のネット予約は難しいのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT