ネット予約急伸、「飲食店争奪戦」が始まった

ホテルと比べてなぜ遅れていたのか?

便利さと共に多くの課題もつきまとうネット予約だが、将来の市場拡大は確実視されているため、大手グルメサイト運営企業のほかにも、商機をうかがうネット大手は多い。

ポータルサービスで圧倒的な集客力を誇るヤフーは、1000万人超の月額有料会員「Yanoo!プレミアム」向けに、予約時の割引など特典の導入を検討中だ。スマホ向けのポータル機能アプリ「Yahoo!JAPANアプリ」では予約サービスをトップ画面に表示しており、アプリ利用者へのアピールを強めている。

台帳の電子化においても、ベンチャー企業のトレタ社やエビソル社と提携し、サービス領域を互いに補完している。「後発の立場なので、今後は他社がやっていない取り組みで、利用者獲得ペースを引き上げたい」(ショッピングカンパニーの小川正樹・予約ディレクション部長)。

市場は混戦模様になってきた

7月に上場したLINEも国内6200万人のユーザーを武器に飲食店予約を手掛ける。アプリから申し込みを受けたオペレーターが店舗に予約電話を入れるユニークな仕組みも取り入れている。

経済産業省によると、2015年の飲食店ネット予約市場は2379億円で、前年比3割以上も拡大した。今後も成長は続く見通しだが、シェアを握るプレーヤーは年を追うごとに絞り込まれていくはずだ。

複数のネット予約サービスを使う店舗でも、電子化した台帳は一つに集約するのが合理的なため、今後、特定のサービスへの囲い込みが進む可能性もある。大きな果実を得るのはどの企業になるか、群雄割拠の市場から目が離せない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。