東大野球部が「4対3」での勝利を目指す理由

勝利の方程式、それは「頭脳プレー」ではない

「ロースコアの接戦が大前提。1対0で勝つこともあるかもしれませんが、そこを目指してチーム作りをするのは現実的ではありません。『4対3』がウチが勝つスコアだと想定しています」

2015年春以降に東大が勝った6試合のスコアを見てみよう。

  • 2015年春 法大1回戦 6対4
  • 2015年秋 法大1回戦 5対2
  • 2016年春 明大2回戦 3対2
                    立大1回戦 4対0
                    法大1回戦 4対1
  • 2016年秋 立大1回戦 4対3

同点もしくは僅差で終盤を迎えた試合が多く、4試合が4点以上取り、3点以内に抑える接戦での勝利である。

四死球による自滅を避ける

投手を含めた守りで、3点以内に抑える。指揮官はまず守備を鍛えた。例えば2015年の春季キャンプでは内野のボール回しで「10周55秒以内」などタイムを設定。それをクリアするまで1時間でも2時間でも繰り返すなど、基礎を徹底してきた。

その成果で過去5シーズンの1試合あたりの失策は0.84個と、守備の不安はなくなった。今、失点を少なくする鍵を握るのは投手陣。与える四死球を減らすことにある。

これは東大に限ったことではないが、四死球が多いシーズンは失点(自責点)も多い。東大がシーズンに3勝を挙げた2016年春は1試合あたりに与えた四死球が5.95個で、チーム防御率は6.27だった。全敗した今春は1試合あたり9.32個もの四死球を与え、チーム防御率は8.58。先頭打者に四球を与え、失策が絡んで進塁を許し、適時打を打たれる――そんな悪循環が目立った。

そのため夏の間、東大の投手陣は「一死三塁の状況を作られたら負け」という緊張感を持ちながら、四球で無駄な走者を出さず、試合をコントロールできるように練習してきた。

次ページ投手陣がやるべきこととは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング