船井電機「ヤマダ限定テレビ」に勝算はあるか

創業者が逝去、船越秀明社長の描く戦略は?

船越秀明(ふなこし ひであき)/1965年大阪府生まれ。1984年大阪市立都島工業高校卒、三菱電機エンジニアリング入社、1993年船井電機入社。DVDやAVシステム、ディスプレーなどのトップを歴任し、2017年5月から現職(撮影:尾形文繁)

創業家による経営の関与はない

――AV、プリンタ以外の事業を展開する可能性はあるのか。

たとえばカーナビ用のディスプレーやデジタルサイネージなど、既存の技術を転用できる事業を模索している。また、相談役の資産管理会社の傘下には歯科用CT診断装置や古紙再生商品の製造会社などがある。相談役はそれらの事業が大きくなれば、船井電機に取り込ませる思いで進めていた。

――米国トランプ大統領の政策により、米国向けの輸出が規制される懸念もある。事業への影響をどう考えているか。

米国にとってテレビは保護政策が必要な品目ではない。冷蔵庫など白モノ家電に関しては、米電機大手のGEが米国に工場を持っているが、テレビを米国で製造している企業はほとんどないからだ。安いテレビが米国に流入することで困る企業がなければ、保護政策も必要ないはずだ。

――創業家である船井一族の経営への関与は、船井相談役の逝去によってどう変化するのか。

今後は創業家による経営への関与は基本的にはないと考えている。ただ、具体的なことはこれから決める。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT