格差歴然!40歳平均年収「63業界」ランキング

1位コンサルと最下位業界の年収格差は3倍

40歳の平均年収、全63業界を一挙公開!(写真:タカス / PIXTA)

「人生おカネじゃない!」と言いつつも、ついつい気になってしまうのが年収だろう。

多くの企業の平均年収は、各社ホームページや就活サイトで知ることができる。ただ、公開データに基づいた、業界ごとの平均年収はあまり知られていない。

東洋経済では、『会社四季報 業界地図』2018年版の中で、業界別の40歳モデル平均年収を推計(2016年度)し、ランキング形式で掲載している(対象は、持ち株会社を除く上場企業)。

なぜ40歳時点なのか。上場企業の平均年収は40代後半まで右肩上がりに伸び続けるが、役職が付いて残業代が支給されなくなることなどにより、50代前半をピークに徐々に減っていくのが通例(東洋経済調べ)。そして、ちょうど伸び盛りの時期に当たるのが、40歳時点なのだ。今回は、全63業界を一挙に公開したい。

平均年収2000万円超も・・・首位はコンサル業界

『会社四季報 業界地図』2018年版(東洋経済新報社)は、7年連続で類書売り上げNo.1(全国大手書店各社調べ)。画像をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

第1位は、コンサルティング業界(1240万円)。M&AキャピタルパートナーズやGCAなど、高年収企業が目白押しだ。昨年に引き続き、2位に100万円以上の差をつけてトップに君臨している。企業別の平均年収ベスト50を見ると、平均年収2000万円を超える上記2社に加えて、ストライクや日本M&Aセンターなど、7社がランクインした。

2位は総合商社(1115万円)だ。企業別平均年収でも、コンサル業界と同じ7社がベスト50に名を連ねた。総合商社の中での1位は伊藤忠商事(1339万円)。純利益ベースでは首位の座を三菱商事に明け渡したが、平均年収では同社(1314万円)を抜いて1位に上り詰めた。丸紅、住友商事、三井物産、双日も1000万円超え、豊田通商は971万円だ。

次ページ激動の自動車業界、その順位は・・・?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。