東京都とマイナビが組んで若者を応援!

就活・採用で苦戦する20代と企業をマッチング

早々に就職をあきらめた学生も

就職難と言われるが、採用意欲の強い企業は少なくない。しかしながら、ある調査機関の調査によると今年7月1日時点で、未内定者のうち約1割が就活をやめてしまっている。

2012年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)によると、正社員・正職員の月給は31万7000円であるのに対して、正社員・正職員以外は19万6400円。月給で12万円以上もの差がある。

会場内で行われた 講演会へ出席するために列を作る就活生たち

独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によると大卒男子の標準的な労働者の平均生涯賃金は2億7580万円(退職金除く)。従業員規模が1000人以上の企業では3億円(同)を超える。しかし非正規雇用では、年齢に関係なく昇級がほとんどないことから、月給19万5900円で38年間働いたとして約8956万円。正規と非正規では生涯賃金でなんと約2億円の差があるのだ。

しかも非正規には退職金が支給されない。また、非正規が将来受け取ることができる年金は国民年金のみ。多くのファイナンシャルプランナーが「生涯で計算すると正規と非正規の差は2億5000万円以上」と指摘している。正規雇用で過ごすのと、非正規雇用で過ごすのでは、人生が大きく違ってくる。就活生は最後まであきらめることなく、あらゆる機会を活用してチャレンジするべきだろう。

(撮影:今井康一)


 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT