コンサルタントの「質問力」「できる人」の隠れたマインド&スキル  野口吉昭著

コンサルタントの「質問力」「できる人」の隠れたマインド&スキル  野口吉昭著

質問力のある人は、聞く態度を身につけ、時に鋭い質問によって相手との信頼を深め、積極的に自己開示させる力がある。必要によっては事実で全体像を示し、本質を突く質問もする。さらに人が語る物語に耳を傾ける力を持ち、場の空気を読むこともできる。

そうなるには、短時間で相手の気づきを喚起する「仮説力」、問題の焦点を明らかにする「本質力」、そしてゴール(目的)に向かって進展させる「シナリオ力」を持つことが大事だ。同時に「事前準備」「最初の1分での状況認識」「会話の流れのコントロール」が不可欠で、「鳥の目、虫の目」の使い分けや、「質問はワンメッセージ」を心がけるとよい。

PHPビジネス新書 840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。