コンサルタントの「質問力」「できる人」の隠れたマインド&スキル  野口吉昭著

コンサルタントの「質問力」「できる人」の隠れたマインド&スキル  野口吉昭著

質問力のある人は、聞く態度を身につけ、時に鋭い質問によって相手との信頼を深め、積極的に自己開示させる力がある。必要によっては事実で全体像を示し、本質を突く質問もする。さらに人が語る物語に耳を傾ける力を持ち、場の空気を読むこともできる。

そうなるには、短時間で相手の気づきを喚起する「仮説力」、問題の焦点を明らかにする「本質力」、そしてゴール(目的)に向かって進展させる「シナリオ力」を持つことが大事だ。同時に「事前準備」「最初の1分での状況認識」「会話の流れのコントロール」が不可欠で、「鳥の目、虫の目」の使い分けや、「質問はワンメッセージ」を心がけるとよい。

PHPビジネス新書 840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。