夫婦の格式 橋田壽賀子著

拡大
縮小
夫婦の格式 橋田壽賀子著

ドラマを通して家族を描き続けてきた著名脚本家が、他界した夫とのやりとりや自身の嫁姑経験もまじえながら問いかける夫婦のあり方。

曰く、夫婦の間で男女平等はありえない、女が一方的に主張する男女平等は女の価値をかえって下げるだけで、女は内助の功を通して自立できる、内助の功があらばこそ男の給料の半分は主婦費としてもらう権利がある、女は男をたて、男は女に感謝せよ等々。

昔は当たり前だった夫婦観だが、著者は戦後の日本は節操のない自由主義に押し流され、こうした男女や夫婦、家族が持つべき格式を失ってしまったと嘆く。熟年離婚が増加する今、時代に流されない日本的な美徳のなかに夫婦回生の秘訣があると説く。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT