ジャーナリズム崩壊 上杉隆著

ジャーナリズム崩壊 上杉隆著

日本の新聞・TVメディアの閉鎖性の象徴が「記者クラブ」。それぞれの記者クラブに所属しないフリーランスや外国人記者は、首相官邸も、国会議事堂も、政党事務所も、事実上取材することはできない。もし政治記者が、政治家に不利な記事を書けば「出入り禁止」になる可能性が高い。すると情報をもらえなくなるので、おのずと批判的な記事が減り、結果的に権力側におもねる記者が幅を利かせることになる。記事自体も「メモ合わせ」で堂々とカンニング。大学同窓の結びつきで人脈が形成される、奇妙に同質化したエリート記者が跋扈(ばっこ)する。

同業者から「永田町・マスコミの敵」などと言われる気鋭のフリージャーナリストが日本のメディアを断罪する。

幻冬舎新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。