「電波少年の土屋P」60歳で映画初挑戦の狙い

なぜいま「欽ちゃん」なのか

「今回の映画制作を通じて、萩本さんについてあらためて思ったのは、この人、本当にテレビのことしか考えてないのねということ。もう、本当に四六時中、テレビのことしか考えてないんです。

実は、この映画をいちばん見てほしいと思うのは、テレビの仕事に携わっている人たち。ボクも含めてなのですが、われわれは、この人ほど本当にテレビを愛してるのだろうかという尺度で、あらためて問い直してみないと、今後、テレビはダメになるんじゃないかという意味で、タイトルの最後に“?”をつけました。だから、若いテレビマンには、特に見てほしい映画です」

「若いテレビマンには、特に見てほしい映画だ」と語る土屋さん(筆者撮影)

エンディングロールの後を見逃すな

さて、『We Love Television?』は、今年11月に日活系劇場で配給になる。なぜ、2011年から6年も経つ、今年、公開なのかと、やや意地悪な質問をしてみた。

「6年間、“寝かせてしまった”というのが正直なところですが、結果として、これは正解でした。先日、映画のシメのつもりで、現在、萩本さんが出演しているNHK BSの番組の撮影現場に伺ったのですが、そこで撮れたのが、“現役コメディアン”であること以上に、いまもって全身全霊で仕事に取り組む萩本さんの姿でした。ボクは、58年間に及ぶテレビのアナログ放送の“象徴”として、萩本さんを描こうとしていましたが、そのもくろみはいいほうに外れました。そういったことも含めると、本当に作るべきときに作った映画なんだなと思いますね」という。

今回の映画制作に「還暦の節目」の仕事の意味はないのかという問いに、まったくないと否定する土屋さんも現役そのものだ。もし、今回の映画を見た映画関係者からオファーがあれば、2作目、3作目にも取り組む意欲があるそうだ。映画は、テレビと違い、途中でチャンネルを変えられる心配がないから、好きなようにつくれるのが気持ちいいという。

最後に、土屋さんから気になる一言があった。

「エンディングロールの後に、すごいシーンがあるので、席を立たずに最後まで見てください。そこが、この映画全体のテーマでもある、非常に重要なシーンなので」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT