「電波少年の土屋P」60歳で映画初挑戦の狙い

なぜいま「欽ちゃん」なのか

”Tプロデューサー”こと土屋敏男さんが、「師匠」と敬愛する萩本欽一さんのドキュメンタリー映画を創った理由とは…?(筆者撮影)
今の30代以上の世代なら「進め!電波少年」という、1990年代に日本テレビで放送されたバラエティ番組を知る人は多いだろう。番組を見ていなかった人でも、猿岩石にユーラシア大陸をヒッチハイクで横断させた番組といえば、わかるのではないか。
同番組を見ていたならば、番組内に登場していた”Tプロデューサー”こと土屋敏男さんを記憶している人も多いだろう。電波少年シリーズや「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」をヒットさせ、バラエティ番組の一時代を築いた人物だ。
土屋さんは1956年生まれ。昨年、還暦を迎えたが、今、新たに挑戦していることがある。それが、土屋さんが「師匠」と仰ぐ、“欽ちゃん”こと萩本欽一さんにフォーカスしたドキュメンタリー映画『We Love Television?』の制作だ。
あのTプロデューサーがつくる映画とはどのようなものなのか、また、なぜ、テレビの一時代を築いた男が、今、「映画」に挑戦するのか、土屋さん本人に取材した。

きっかけは、あるテレビ番組

今回の映画を撮るきっかけになったのは、2011年7月に放送された、ある番組だという。2011年といえば東日本大震災の年だが、テレビ界も地上アナログ放送が終了し、デジタル放送に完全移行する大きな節目の年だった。

このテレビ界の節目に、日テレでも2時間枠の特番を放送することになり、そこで土屋さんが企画したのが、テレビのプロたちにとって、永遠のテーマである「視聴率」の謎を解き明かすというものだった。高視聴率の番組というのは、どうすれば作れるのかというのは、土屋さんをもってしても、いまだにブラックボックスだという。

そこで白羽の矢を立てたのが、土屋さんが「師匠」と敬愛する萩本欽一さんだ。欽ちゃんといえば、1980年代に、「欽ドン!」をはじめ、3本のレギュラー番組を企画・出演し、すべてが視聴率30%以上を記録。3本の番組の視聴率の合計が100%を越えたことから“視聴率100%男”の異名を持つ、テレビ界のレジェンドだ。萩本さんに番組作りを依頼し、その制作過程を克明に記録すれば、テレビ界における積年の謎が解明されるかもしれないという期待を込めた。

次ページ「もう一度、視聴率30%番組を」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT