東芝の家電、スマホとの連携で何ができる?

便利だが使いこなせるのか

従来からエアコンはスマホと連携していたが、さらに機能を充実させた。帰宅前に冷・暖房運転を開始できる遠隔操作のみならず、室温が32度以上になるとメールで通知する機能に対応。ペットを飼っている家庭において、犬や猫の熱中症を心配する必要もなくなるだろう。人の動きをセンサが検知するとメール通知する機能も搭載しており、家族の帰宅を把握したり、一定時間不在検知するとメール通知することで消し忘れのムダも防いだりできる。

月額利用料は500円、HEMSを見据える

きめ細やかな家電コンシェルジュのサービスを利用するには、月額500円を支払う必要がある。こうしたスマホと連携するスマート家電は「14年度には自社製品の2割を占めるようになる」(石渡社長)。はたして購入者の何割がスマホ連携機能を利用するかはわからないが、東芝が先に見据えるのはHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)の普及である。

東芝はHEMSの機器として家電をとらえており、太陽光発電や蓄電池、電気給湯器などを含む住宅設備や家電すべてをクラウドに接続することを考えている。数年後の普及が期待されるスマートハウスを導入した時、すでにスマート家電ならば買い換える必要がない。

もちろんスマホ連携の機能を使わなくても、今回発表した冷蔵庫、洗濯機、エアコンいずれも単一商品として十分に魅力がある。冷蔵庫は野菜を新鮮保存できる機能を備え、洗濯機は「マジックドラム」を採用したことで洗濯槽を清潔に保つ設計となっている。エアコンは空気清浄機能に加え、脱臭機能や肌へのうるおい機能もある。3製品すべてが省エネ設計である。

14年度にかけて消費増税前の駆け込み需要も期待できるため、家電商戦はヒートアップすることが予想される。東芝は各社が多機能商品で仕掛けてくる中、スマホ連携と高機能家電で勝負に出る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT