「成長できる」「成長できない」企業の大きな差

失墜する名門とは明確に違う5つの共通点

そして、次なるチャレンジは、ミドリムシ燃料です。東京オリンピックが開催される2020年までの実用化を目指しています。

「2020年までに、東京は非常に大きく変わると思います。アピールポイントのひとつは、『環境との共生』です。日本はパリ条約の批准が遅れていますが、2030年には2013年度比で26%のCO₂カット、つまり、CO₂を4分の1削減しなければなりません。これを解決するために、全燃料の4分の1をバイオ燃料にするんです。たとえば、『この飛行機は、ミドリムシの燃料を26%使っています』となれば、飛行機に関しては、CO₂問題は一気に解決します。2030年を待たずに10年ほど前倒しで、2020年には『日本はミドリムシのバイオ燃料によって、CO₂削減目標を達成できました』と世界にアピールできるようにしたいんです」(出雲社長)

より優れたビジョンを選んで進む

成長企業は、自己の未来像を明確に計画しています。未来像を明確かつ具体化するには、意志力と想像力が必要です。それはいまだ実現していない、どこにも描かれていない地図を書き出すことに似ています。

『好調を続ける企業の経営者はいま、何を考えているのか?』(秀和システム)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

特に注目すべき点は、単に自社の未来像だけでなく、社会の未来像も描き出し、その未来社会の中で自社の立ち位置を計算していることです。

ビジョンは、自らの事業を「振り返る」「原点を再確認する」のにも役立ちます。

一方で、成長を持続する企業は、優れたビジョンを掲げながら、ふさわしい時期がくれば、それを刷新することも厭(いと)いません。自社をさらなる高みに押し上げる、より優れたビジョンを選んで進むからです。

成長企業のトップに共通するのは「不変のものなどない」という感覚を鋭く持っていること。浮き沈みが必ずあるからこそ、次の事業の柱を追求し、事業領域を広げる意識を強く持っているのです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT