半沢直樹と「女性にドン引きされる男」の差

どうすれば壇蜜を口説き落とせるのか?

落ちるオンナの見分け方?

こうしたタイプの人は、一言で言うとビジネスライクな人たちです。ビジネスライクすぎる、と言ったほうがいいかもしれません。私の経験上、個人事業主や小さな会社のオーナー、フルコミッション制の営業に多い気がします。

彼らは、持ち前の行動力と決断力でスピーディに成果を上げていきます。でも、他人からこまごまと指図をされるのは大嫌い。だから独立志向が強いのでしょう。

話し方も特徴的です。単刀直入で簡潔明瞭。ズバっと結論を先に言うことを好みます。感情を表に出さない一方で、自分の意見や要求は露骨に口にします。雑談や世間話が嫌いなことも特長でしょうか。商談の冒頭でこれらが長くなる様子であるとイラっとした気配がするし、自分の要件を済ませたら電話をさっさと切るタイプです。

私はこのタイプの人からも相談を受けますが、面白いことに次の2つの質問を必ずしてきます。女性に対するアプローチのスタンスがよく表れているので紹介しましょう。

ひとつ目の質問は、「一撃必殺の口説き文句」を教えてくださいというもの。彼らは結果至上主義者なので、プロレスでいうフィニッシュホールドを誰よりも知りたがります。

「口説き文句より、そこに至るまでの積み重ねが結果を左右するのですよ」と私が説明すると、「では、誘導の仕方を教えてください」と聞いてきます。これは“物事をすべてコントロールしたい”という彼ら特有の欲求の表れです。そして、この欲求が後で述べるように、女性との関係をぎくしゃくさせてしまうのです。

2つ目は、即物的でエゲツない質問ですが、「落ちるオンナの見分け方」を教えてくださいというもの。食事をおごる以上、結果は必ず出したいというギブ・アンド・テイクの発想です。

男性なら少なからずこのきらいがあるでしょうが、このタイプの人は異様なまでにこだわります。この発想は(冒頭で述べたように)相手の意向やペースを無視した強引なアプローチにつながり、結局は女性にドン引きされる原因になるのです。

次ページ彼ら特有の会話スタイル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT