ツイッターで人生を変えた「ゆうこすの流儀」

元ニートが「18万人の共感」を引き寄せるまで

私は、2012年8月22日からTwitterを利用しているので、使用歴は約5年になります。もともとアイドルとして活動していたため、Twitterを開始した初日でフォロワー数は約2万人に。

当時は賛否両論な発言ばかりをしてよく「炎上」し、フォロワー数は6万人まで増えました。

しかし、フォロワー数が増えたからといって、「発信力」があるわけではありませんでした。エンゲージメント率も低く、フォロワーが6万人いても平均的な「いいね数」は20ほど。イベントを開催しても、集まってくれたのはたった3人でした。

自己プロデュースを意識

その後、Twitterの特徴まで考えて自己プロデュースを意識して使うようになってから約2年。現在は、フォロワー数18万人。リプライ(返信)やいいねをしてくれるのは、10〜20代の女の子。女性限定のイベントを開催すれば170枚程度のチケットが即完するようになりました。

次ページ発信力のあるTwitterアカウントのポイント
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。