トランプ大統領「代わりなどいくらでもいる」

助言組織を辞任した企業トップに対して怒り

 8月15日、トランプ米大統領は、バージニア州シャーロッツビルで発生した白人至上主義団体と反対派の衝突を巡る政権の対応に抗議し大統領の経済助言組織を辞任した米企業トップらを「スタンドプレイヤー」と呼び批判した。前日撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米大統領は15日、バージニア州シャーロッツビルで発生した白人至上主義団体と反対派の衝突を巡る政権の対応に抗議し大統領の経済助言組織を辞任した米企業トップらを「スタンドプレイヤー」と呼び批判した。

代わりなどいくらでもいる

週末に発生した衝突で少なくとも1人が死亡したものの、トランプ大統領が当初、極右派を明確に非難しなかったことを受け、メルク<MRK.N>のケネス・フレイジャー最高経営責任者(CEO)を筆頭に、アンダーアーマー<UAA.N>、インテル<INTC.O>のCEO計3人が14日、大統領の助言組織である製造業評議会のメンバーを辞任。さらにこの日は、米国製造業同盟(AAM)のスコット・ポール会長も辞任を表明した。

トランプ大統領はツイッターで「製造業評議会から脱落したCEOの代わりなどいくらでもいる。スタンドプレイヤーなどいらぬ」とつぶやいた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。