米大統領、ネオナチやKKKなどを名指しで非難

自身への批判を受けて14日に声明

 8月14日、米バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義団体と反対派が衝突し少なくとも1人が死亡した事件を巡り、トランプ大統領は改めて声明を出し、ネオナチや白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」などを名指しで非難した。ワシントンで撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[シャーロッツビル(米バージニア州)/ワシントン 14日 ロイター] - 米バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義団体と反対派が衝突し少なくとも1人が死亡した事件を巡り、トランプ大統領は14日、改めて声明を出し、ネオナチや白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」などを名指しで非難した。

大統領は、衝突が起きた12日の会見で「われわれは可能な限り強い言葉で、この日の多方面における敵対感情、憎悪、暴力を非難する」と発言。大統領の会見が遅れた上、白人至上主義を明確に非難しなかったことに、野党民主党だけでなく共和党からも批判が噴出していた。

大統領は14日の声明で「人種差別は悪であり、その名の下に暴力をふるう者は犯罪者だ。KKK、ネオナチ、白人至上主義者などの扇動集団は米国民が重視するあらゆるものと矛盾する」と非難。人種差別主義者の責任を明確にすることで、自身への批判を和らげようと努めた。

これに先立ち、米製薬大手メルク<MRK.N>の最高経営責任者(CEO)で黒人のケネス・フレージャー氏は14日、「不寛容」と「過激主義」に断固反対するとして、トランプ大統領の経済助言組織を辞任した。

民主党のマーク・ウォーナー上院議員(バージニア州選出)は大統領の新たな声明について、「12日の時点で大統領から同じ言葉を聞きたかった」と述べた。

シャーロッツビルでの衝突では抗議する集団に自動車が突入するなどして32歳の女性が死亡、19人が負傷した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT