家でもできる「モンテッソーリ教育」のコツ

藤井四段の集中力を、家庭で育む

子どもをよく「観察」しよう

自宅でモンテッソーリ教育をするためにまず大切なのは、子どもをよく「観察」することです。マリア・モンテッソーリは、「科学者のような目で子どもを観察しなさい」と教えてくれます。なぜなら、一見親にとっては不可解な行動の中に、子どもが大きく成長するヒントが隠れているからです。

子どもが今、何にこだわりを見せているのか。何が気に入っているのか。それをよく観察すると、子どもを伸ばすための方法が見えてきます。

「敏感期」を知ろう

「敏感期」。聞きなれない言葉だと思います。

しかし、この言葉を知っていると、子育てがぐんと楽になり、子どもの才能を伸ばすことができるのです。

敏感期とは、子どもが

自分を伸ばすために
ある一定の時期に
何かに対して
非常に強く反応する

時期のこと。わかりやすい言い方をすれば「何かにこだわりを見せる」時期のことです。 とはいえ、少しわかりにくいので、子どもの例で見てみましょう。

「所有」にこだわる時期にいるだけ

児童館で遊ぶ2歳のカンタ君は、自分が使っているおもちゃを譲ることができません。母親がいくら「お友達に貸してあげよう」と言っても、顔を真っ赤にして抵抗します。公園では、大好きなブランコを独り占め。後ろには長い列ができてしまいました。こんなことが続き、母親は私のところに相談に来ました。

「うちの子は欲張りで、思いやりがないのです。どうしたらいいのでしょうか?」

私はお母さんに「心配ありませんよ。カンタ君は順調に成長しています。敏感期の中でも『所有』にこだわる時期にいるだけです」とお伝えしました。

この頃のカンタ君は、

自分を伸ばすために:「所有」という概念を得るために
ある一定の時期に :この時期に
何かに対して :好きなおもちゃやブランコに対して
非常に強く反応する :強い愛着をもつ

この敏感期にある子どもにとって、おもちゃは貸せなくて当たり前。それは子どもの中で「所有」という概念が育ってきているところだからです。独り占めという経験を経て初めて、子どもは「共有」ができるようになります。ですから親は「欲張り」などといったレッテルを貼ってはいけないのです。

次ページ「こだわり」を満足させることで育つ能力
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT