同期に差をつけるのは、「打算のない本気」だ

職業は「看板」で選ぶべきではない

「人の役に立ちたい」「国家レベルの仕事がしたい」ということが最終的なゴールだとすると、もう少し具体的に「どういった分野で、何をして」まで落とし込んで考えてみるべきなのでしょう。

美香さんには、最初の職業を通じて将来のキャリアにおける選択肢をできるかぎり増やしたいというお考えがあるようです。

すばらしい考え方だと思います。が、一方でそのような考えであるがゆえに、ラベルや看板ではなく、より具体的に「その場を通じて何を自分は学びたいのか」「そしてそれはどう自分自身の将来の発展性に寄与するのか」といったことを考えていないようです。

外資系金融としか書かれていませんから、具体的に何の職種なのかはわかりませんが、官僚にせよ金融機関にせよ専門性によりかなり細分化されていることは確かです。細分化された専門性が将来やりたいことにつながればよいのですが、関係のない分野であれば、将来の選択肢を逆に狭めてしまう可能性もあります。

たとえばファイナンスとひと口にいっても、エクイティファイナンスなのかデットファイナンスなのかなどいろいろと分野があり、部署も人もやることも異なるわけです。だからこそ、「何の分野で」を考えるべきなのです。

「打算のない本気」を持っているか

外資系金融に行けば何か学べるだろう。そういったスタンスでは何も学べないでしょう。そういったプロファームにおいては、たとえば新卒入社というスタートは同じでも、2年も経てば個人間でスキルや能力で非常に大きな違いが出てきます。

その違いは「打算のない本気」を持っているかどうか、です。

外資系金融に行けばその先どうにかなるのではといった甘い前提を持つのではなく、その場を通じて自分自身の職業人としての価値を向上できることをいかに最大限やり尽くすかを考えるべきです。

国家視点で物事を考えたいから官僚になる。それも本気であれば、官僚でなくともそういった視点を仕事を通じて持つことはできると言い切れます。
実際に私の知り合いにも、民間からの提言として政策策定に寄与した人物が何人もいます。要は本気ならば場所や立場は重要ではないということです。

「人の役に立つ」。そのためには自分自身が価値のある人間になることです。自分自身が弱くては、自分自身に価値がなければ、人の役には立てませんし、口で言うだけでは単なるきれいごと以上にはなりません。

であるからこそ、美香さんには職業を選ぶ際にラベルや場ではなく、具体的にやること、できることベースで選んでいただきたいのです。

繰り返しですが、看板ではなく、やることで選ぶのが職業選びの肝です。
その際に重要なのは、世間の基準ではなく、自分にとって価値があるか否かを見極める自分自身の基準がしっかりとしていることです。

「よい会社」「よい職業」の定義を決めるのは自身自身です。そのような考え方で、美香さんがご自分にとって将来につながるよい職業を見つけられることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT