トランプ政権、情報リークの取り締まり強化

「この国を守る政府の能力が損なわれている」

 8月4日、セッションズ米司法長官は、メディアへのリーク(情報漏えい)に対抗するため、記者と政府内のソース(情報源)の双方を取り締まる可能性があると表明した。写真はワシントンで4日に撮影(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 4日 ロイター] - セッションズ米司法長官は4日、メディアへのリーク(情報漏えい)に対抗するため、記者と政府内のソース(情報源)の双方を取り締まる可能性があると表明した。

長官は「膨大な数のリークによって、この国を守る政府の能力が損なわれている」とし、対策の一環として「報道機関に対する召喚状に関する方針を見直している」と言明、報道関係者に情報源を明かすことを強制する可能性を検討していることを明らかにした。

国家安全保障に関わる問題

また「報道機関が果たす重要な役割は尊重するが、無制限ではない」と述べた。

長官は、政府機関職員に対してもリークをしないよう指示し、国家安全保障に関わる問題だと強調した。

トランプ政権を巡っては、ロシアによる米大統領選干渉に関する捜査や政権内部の対立などについてメディアへのリークが相次いでおり、トランプ大統領は繰り返し憤りを表明している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT