あの伝説のゲーム、「電車でGO!」の誕生秘話

ブームの仕掛け人が明かす「ヒットの理由」

本格的な鉄道シミュレーターが家庭で楽しめる「電車でGO!」はミリオンセラーとなった(写真:ワン太郎 / PIXTA)

読者の皆さまは「電車でGO!」というゲームで遊んだことはあるだろうか。また、1997年に家庭用ゲーム機プレイステーション版として発売された「電車でGO!」のテレビCMを覚えていらっしゃるだろうか。

そして、「鉄道エンターテインメント小説」というジャンルを中心に作品を生み続けている「豊田巧」という作家が、この「電車でGO!」の家庭用版の仕掛け人だったいうことをご存じだろうか。

子供向け鉄道推理小説「電車でいこう!」はシリーズ26巻で40万冊以上、アニメ化も記憶に新しい「RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-」シリーズは13巻で60万冊以上のヒットを飛ばし、ほかにも本格派鉄道推理小説『鉄血の警視 警視庁鉄道捜査班』や朝日小学生新聞連載中の鉄道コミック「きっぷでGO!」では原作を担当している鉄道エンターテインメント作家・豊田巧。

筆を手に取り始めて6年間で65冊を上梓する多作で知られた豊田だが、次から次へと鉄道エンターテインメント作品を生み出せるのにはわけがある。それはゲーム会社というエンターテインメント業界に身を置いて鉄道ビジネスにかかわる中で、鉄道がいかにエンターテインメントになりえるかを考え続けてきたからである。

なぜ、彼がこの場所にたどり着いたのか。まずは、「電車でGO!」の宣伝を豊田がどう仕掛けたのかを振り返りながら、鉄道エンターテインメントビジネスの可能性を探っていきたいと思う。

「クビ覚悟」だった発売前

「豊田、オレたち覚悟を決めないといけないかもな……」

「え!オ、オレもですか!?」

それはプレステ用ソフト「電車でGO!」の発売日を翌日に控えた夕刻のことであった。

1997年当時、大手ゲーム会社・タイトーで家庭用「電車でGO!」の宣伝責任者をしていた豊田巧のところに上司から一本の電話が入った。

2億4000万円という宣伝費用を捻出するに当たって豊田が会議で掲げた数字は「100万本売ります!」。にもかかわらず、発売前日までに店舗から注文が入ったのは、わずか22万本。倉庫には10万本の在庫が積まれていた。万が一、数字が伸びなかった場合、その多額な宣伝費用の責任を取るために、豊田もまたクビも覚悟しておかねばならないと言うのだ。

次ページ発売後はどうなった?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。