松本城公園で酒を飲むことは「下品」なのか

タテマエだらけのまちづくりが地方を滅ぼす

そもそも、今年改正された都市公園法とは関係なく、最初から効果的に公園を活用している事例は、実は全国にあるのです。今の夏の季節でいえば、たとえば札幌市の大通公園で開催されている「福祉協賛 さっぽろ大通ビアガーデン」があります。

「さっぽろ夏まつり」そのものは1954(昭和29)年から開始され、この納涼ビアガーデンは1959(昭和34)年の「第6回」の夏まつり(1959年)の一環でスタートしたものですが、当初からこの収益金の一部は、福祉団体に寄付する形式で継続されています。すなわち、雪まつりなどでも知られている大通公園に各ビール会社がブースを設け、約1万3000席が用意され、約3週間にわたって開催されます。

今年64回目を迎えた「さっぽろ夏まつり」。第6回から開催の「福祉協賛 さっぽろ大通ビアガーデン」の収益金の一部は、福祉団体に寄付される。市民自慢のイベントだ(筆者撮影)

私も年によっては、札幌などにいる北海道の仲間とともに、打ち合せを兼ねて夕方から飲みはじめ、その後周辺に二次会、三次会へと流れていきます。その場を訪れると多くの市民が活用するのがわかり、地元以外の人に「こんな気持ちのいいビアガーデンないでしょ!」と自慢げに話をするのがとても印象的です。

札幌の大通公園だけではありません。大阪城公園にいたっては、すでに民間企業に管理運営が任されています。これまでは全額税金によって維持運営されていたわけですが、現在は年間約2.2億円の固定額と、全事業収益の7%が大阪市の収入になっています。

単に資金面のメリットだけではありません。関連記事でもご紹介したように、汚かったお堀の水質浄化も行われて、今年はなんとトライアスロン大会が開催され、事業家の堀江貴文さんなども含め、多くの人が集まるようになるなど、従来になかった利活用が促進されています。

次ページあのヴェルサイユ宮殿も貸し出されることに決まっている
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。