日本人は欧州産チーズを真に楽しめていない

EPA合意で関税撤廃の一方、複雑な問題も

そのがっかりするほど高いと言われる理由はほかでもない、輸入のコストや小売り価格の上乗せなどに重ね、今回話題となっている関税が原則29.8%もかかっていることが最大の理由だ。

今回EUとの交渉では、これまでTPP交渉でも守られてきた、カマンベールやモッツァレラなど日本で人気の高いソフト系チーズに対して低関税輸入枠が設けられ、段階的に関税が撤廃されることで合意した。日本の消費者はより安く高品質のヨーロッパ産のチーズを手に入れることが可能になる。

ただ、より複雑な問題も

しかし、同時に複雑な問題も生まれている。

パルマ近郊のホテルでは朝食にパルミジャーノ・レッジャーノが塊で出てくる。好きなだけカットしてどうぞ(筆者撮影)

訪れたのは、北イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある都市、パルマ。ここは、日本では「パルメザンチーズ」の名でなじみが深い、パルミジャーノ・レッジャーノの原産の地である。パルマ近郊でホテルに宿泊すると、まず朝食ビュッフェには、驚くほど大きい塊のパルミジャーノ・レッジャーノが出現する。これをチーズ用ナイフで自分の好きなだけ削り落とし、食べ放題でどうぞ、というわけだ。

日本では大抵、レストランでチーズの盛り合わせを頼んでも、味見程度の小さな欠片がこぢんまりと上品に盛られてくるわけだが、こちらでは主食よろしく、どれだけ食べても原価はさほど高くないため、提供する側の懐も痛くないというわけである。

現地でのうまいとされる食べ方は、ゴロッとカットしたパルミジャーノ・レッジャーノに、モデナ産のバルサミコ酢をたらっと垂らしていただく食べ方だという。「ワインとパルミジャーノと少しのバゲットがあればあとは何もいらない、それがいちばんのご馳走だよ!」と現地のイタリア人は陽気に語る。

長期間熟成されたバルサミコ酢をパルミジャーノにたらりとかけて食べるのが、イタリア人のお気に入りだ(筆者撮影)
次ページパルミジャーノへの愛と誇り
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。