「CMがよく見られている」200社ランキング

1位花王、2位日本コカ、「視聴割合」を算出

1位の花王は洗剤、飲料、化粧品など日常でこまめに消費する商品が多いメーカーだ(撮影:梅谷 秀司)

※記事配信当初のデータに誤りが見付かりましたので再集計したランキングデータを掲載します。またそれに伴い記事内容も一部修正しています(2017年7月31日15時追記)

リアルタイムで民放局のテレビ番組を見ていると、必ず目に入るのがCM。番組の途中、あるいは番組と番組の間に、大手企業が全国的に流している商品やブランド、各地域の地元企業などを紹介する映像が挟まれる。

そんなCMを、「よく見られている」という観点で見てみよう。東洋経済オンラインはスイッチ・メディア・ラボが提供している「テレビ視聴分析サービスSMART」からのデータ協力を得て、企業・ブランド・団体別に「CM視聴割合」を算出。上位200社のランキングを作成した。

2017年上半期(1~6月)において、期間内の全CMの延べ視聴率に対する企業当たりの延べ視聴率を「CM視聴割合」とした。視聴率はCM放送時点で割り出した。

日常こまめに消費する商品をつくるメーカーが目立つ

1位は花王となった。トイレタリー(日用品)の国内最大手としてさまざまな商品を展開する。2017年上半期の視聴割合は2.58%となった。2位は日本コカコーラ(同1.76%)、3位P&G(プロクター・アンド・ギャンブル、同1.38%)、4位ライオン(同1.05%)、6位資生堂(0.97%)など、日常生活でこまめに消費する商品をつくっている企業の姿が目立つ。

5位NTTドコモ(同1.02%)、7位au(KDDI、同0.93%)11位ソフトバンク(同0.77%)といった携帯3社も上位。8位スズキ(同0.88%)、9位トヨタ自動車(0.86%)など自動車大手の姿も目立った。

東洋経済オンラインは毎年、広告宣伝費をたくさん使っている会社のランキングも作成しているが、最新データとなる2016年8月23日配信分「『広告宣伝費』が多いトップ500社ランキング」と見比べてみると、必ずしも広告宣伝費の多い会社のCM視聴割合が、それにつれて高くはないという傾向も見えてくる。CM視聴割合はテレビで算出しているためかもしれないが、消費者の直接的な関心がどこに向いているかを分析するのは、マーケティングの観点からも興味深い。

次ページまずは1~50位
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT