「学校給食」が子どもの成績を左右する理由

米国では給食を見直す動きも

バランスの取れた給食は成績にも好影響をもたらします(写真 : msv / PIXTA)

ミネソタ州セントポールのハーディング高校は「90-90-90校」として知られている。生徒の90%がマイノリティ、90%近くが貧困または裕福ではない家庭、そして卒業生の90%(現在は約80%)が進学もしくは就職するのだ。

1日3食、バランスのとれた給食を提供

もちろん、すばらしい数字だ。しかし、この公立学校でなによりもすばらしいのは、十分な食事と適切な栄養が学力向上につながることを理解し、実践していること──全校生徒に1日3食、バランスの取れた給食を出しているのだ。なかには、学校がある日は給食以外ほとんど食べるものがないという生徒もいるだろう。

早めの朝食までに登校できない生徒は、1時間目の授業が終わると代わりの食事が出され、2時間目とのあいだに食べる。夕食は自宅に持ち帰るか、放課後にスポーツをする生徒は練習や試合に持っていく。

生徒にきちんと食事をさせることは、学力の向上にとって最も重要だと、フランス語の教師で給食プログラムの運営に参加しているジェニファー・ファンクハウザーは言う。ハーディング校の教師たちも理解しているとおり、空腹や栄養状態が悪い生徒は学習に苦労することを示す研究はたくさんある。

広くて騒々しい食堂で、数百人と一緒に食事をすることを嫌がる生徒もいる。そこでファンクハウザーは、少人数の落ち着いた「ランチバンチ(グループ)」の場を用意した。

次ページほかの学校では…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT